ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

リップルコイン(ripple)とは

近年Googleが出資したことで世界的注目を集めたリップルは、ビットコインに取って代わる新世代の仮想通貨として多くの投資家から注目を集めています。

 

一般的にはリップルコインという名称で呼ばれているのですが、これはあくまで日本国内のみで通用する呼び方で、通常はXPRの単位が使用されています。

 

リップルコインという名称からもわかるように、仮想通貨としての一面ばかりが注目されていますが、実は仮想通貨としての役割は一つの側面でしかありません。

リップルコインは新しい仮想通貨としての流通を目的に開発されたものではないからです。

この点から言えば、従来のビットコインやイーサリアムとは大きく性質の違う仮想通貨と言えるでしょう。
それでは、いま注目のリップルコインについて説明していくことにします。

①リップルコインは創業者と運用者が明確化されている

仮想通貨の大きな特徴は下記の通りです。

  • 開発者が定かではない
  • 管理者がいない

しかし、リップルコインは開発者、管理者ともが明確にされており、仮想通貨の大きな特徴であり、かつ懸念材料とされているこの2点を素性をハッキリすることでクリアしています。

2014年に経営破綻した東京のBitcoin交換取引所・マウントゴックス社を作った人物Jed McCalebが率いるシリコンバレー・スタートアップ OpenCoin Inc. が開発・管理しており、2013年9月に社名がRipple Labs Inc.に変更されています。

 

残念ながらマウントゴックス社は経営破綻しましたが、Jed McCalebはビットコインの創業者と言われているナカモトサトシではないかとの噂があるくらい有能なエンジニアです。

となれば、リップルコインが多くの投資家の注目を集めるのも頷ける話ですね。

②流通方法にも大きな特徴が

「リップル=リップルコイン」といった意味合いで使用しているのをよく見かけますが、リップルとは仮想通貨を示す名称ではありません。
リップルとはリップルシステムを指す名称で、リップルコインに当たる名称は通貨単位のXPRを用いた方が適正でしょう。
冒頭でも申しましたが、リップルコインは流通を目的に開発されたものではありません

 

それが証拠にリップルコインはビットコインのように単一仮想通貨としての性質がなく、現物として存在しません。ビットコインは通貨としての流通を目的としているため、ビットコインで商品購入が可能です。
しかし、リップルコインはリップルのシステム運用に使用するために作られた側面が強く、商品購入に使用する意図はあまり見られません。

③リップルシステムとは

そこでリップルコインを理解してもらう上で重要になってくるのがリップルのシステムです。
リップルのシステムはどんな通貨でも為替取引を安易で迅速に行うために開発されました。

例えば、ドルしかもっていなくても、相手へ円送金ができる。

このリップルの送受システムは1XPRでドルや円だけでなく、ビットコインまでも送受することができます。
この送受システム利用時にリップルコインが必要となってきます。
従来の仮想通貨の送受時の方法と比較してもらえればその違いをよく理解してもらえるでしょう。

ビットコインを例に挙げれば、送金時にはビットコインを直接送金します。
そして、受け取った人はビットコインの取引所などを利用して、必要な通貨へと換金して使用します。

つまり、リップルの送受システムはこの送金後の面倒な換金が必要ないのです。
しかも送金時間が数秒と速いこともあり、為替取引では大きなメリットとなってくることが予測されています。


リップルコイン(ripple)とは記事一覧

以前までは検索バーに「仮想通貨」と入力すれば、次に出てくるのはビットコインが多かったのですが、近年、目につくようになってきたのが「リップル」です。リップルは仮想通貨の世界では第3位のシェアを誇りますから、知名度がなかったわけではありません。しかし、急にこのような事態になったのは、世界中でも名高いGoogleがリップルに出資したことが原因と言えるでしょう。Googleは時価総額が世界ランキング3位(...

仮想通貨と言いえばビットコインやイーサリアムが有名でこの2つがシェアの1、2位を独占していますが、これに続いているのがリップルコイン(Ripple)です。このリップルコインが世界中の注目を集めたのは、あの世界的企業であるGoogleが資本投資をしたことが大きな要因ではありますが、これまでもシリコンバレーで有名な多くのベンチャーキャピタルが出資していました。これはリップルコインの将来的な成長に、投資...