ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

ノアコインが配当を出せる理由とは!

NOAH COIN(ノアコイン)の配当は初年度20%から減少していくので、購入が早ければアドバンテージも大きい。NOAH COIN 2,160億枚のうち、1,728億枚(全体の5分の4)はPOS配当に使われます。配当率に関しては、毎年0.86倍になり、指数関数的に減少していきます。参入する次期は非常に重要です。早ければ早いほど、大きなアドバンテージがあることは間違いありません
出典…ノアファンデーション公式ページより

●なぜ、保有しているだけで初年度20%もの年利がつくの?

ノアコインは4回のプレセールで、対ドル価格を段階的に値上げ

ノアコイン は、2017年1月11日~2月19日の第一期プレセールから、201712月11月~4月30日の第4期プレセール
までの間、対ドル価格を段階的に値上げしていきます。

 

それぞれのプレセールの価格は、次の通りです。

  • 第1期プレセール $1 = 172.800NOAH (1口 = $1,000 = 172,800NOAH)
  • 第2期プレセール $1 = 151.579NOAH (1口 = $1,000 = 151,579NOAH)
  • 第3期プレセール $1 = 146.441NOAH (1口 = $1,000 = 146,441NOAH)
  • 第4期プレセール $1 = 141.639NOAH (1口 = $1,000 = 141,639NOAH)

第1期からはじまり、最終の第4期のプレセールで販売されるノアコインの対ドル価格は、1.22倍に切りあ
がることになります。

2018年6月12日から、初年度年利20%の利息(配当)

4回のプレセールを終え、ノアコインが全世界の取引所で公開される2018年6月12日(フィリピンの独立記念日)から、初年度年利20%の利息(配当)がもらえ、それ以降も保有してる枚数に対して毎年、利息がもらえます。

例:ノアコインの最低交換価格は1口=1000ドル(1/13現在 1ドル=115円として、115,000円)です。

弊社が12月13日に1500万円分のノアコインを購入した際、
23,760,000NOAH(NOAH=ノアコインの通貨単位)と換金できました。

ドル円の交換レートが12月13日からかなり変動がはげしいので、
今それだけのノアコインと両替できるかはわかりませんが、
ノアコインと米ドルの交換レートは、
今日1月13日現在、23,760,000 NOAH = $137,500 となっていますので、
$1 = 172.8NOAH 、
1口 = $1000 = 172,800 NOAHとなります。

 

これを2018年6月12日の世界公開後、まったく使うことなく1年間保持していた場合、
172,800 NOAH → 207,360 NOAH となるのです。

配当の原資は、いったいどこから?

そう疑問に思われる方が多いかと思います。

 

これは、仮想通貨の取引における「承認プロセス」をどういった方法で行うか、ということに関係してきます。

取引の承認プロセスとは

「承認プロセス」とは、例えばAさんがBさんに仮想通貨を送金したとします。

 

承認プロセス

この取引は、当事者であるAさんとBさんの間だけでは、
本当にやり取りがあったのかを証明する手立てがありません。

 

Bさんが、「取引はなかった。ちゃんと送金してくれ!」と言い出したら、
Aさんには、「確かに送ったよ」と証明する手立てがないのです。

 

必ず、それを承認して仮想通貨全体の取引の台帳に記載させるための「第三者である証人」
が必要になってきます。

この「承認プロセス」に「POS方式」という方法を採用することによって、ノアコインは初年度20%の利息の原資としているのです。

ビットコインの認証プロセスは課題が多い

ビットコインは、この「承認プロセス」を一般のユーザーに開放しています。
この方式は「POW方式」と呼ばれています。
ひとつの取引の承認作業を、大変難解な数学の問題を一番早く解いた人に、「第三者である証人」になってもらいます。そのお礼に、それまでに使われたことのない、新しいビットコイン、つまり「ビットコインの新札」が与えられます。

 

これを「マイニング(発掘)」といい、ビットコインが新しく発行される唯一の方法なのです。

 

この「マイニング」で大儲けをしている人たちもいるのですが、この数学の問題を誰よりも早く解くためには、膨大な数のパソコンが必要になってきます。
その問題の難解さたるや、スーパーコンピューターでもたやすく解答できないほど。

 

なので中国などでは、まるまるビル一棟を買い取り、部屋をびっしりパソコンと冷却器で埋め尽くす、「マイニング工場」を運営する人までいます。

 

このマイニングに使われている全世界の電力量は、なんと年間およそ1,000億円とも言われています。

 

ノアコインはビットコインの承認課題を全て解決

これに対して、ノアコインが採用している「POS方式」という承認方法も、やはり、「第三者である証人」を一般のユーザーに解放しているのですが、ビットコインの「POW方式」とは違い、その仮想通貨を所有している人の所有量に対して、均等に権利を分け与える、という方法になります。
つまり…

●1NOAH しか持っていない人には、1 NOAH分の「第三者である証人」の権利が与えられ、そのお礼に「新しく発行された新札のノアコイン」が与えられるのです。

 

●1000 NOAH 持っているひとには、1000 NOAH分の「第三者である証人」の権利と「新しく発行された新札のノアコイン」が与えられるのです。

この「マイニング」の代わりに「第三者である証人」になって得られる「新札のノアコイン」が、初年度は、保有しているノアコインに対して20%になる、つまり、利息として増えていく、ということなのです。

 

認証作業は何をすればいいの?

ノアコイン(NOAH COIN)の認証作業

「でも、承認作業って何すればいいの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、あなたは何もする必要がありません。

 

あなたのノアコインのウォレットの保有記録や取引記録に、
誰かの取引の保有記録や取引記録を承認したということが自動的にメモ書きされるだけです。

 

ちなみに、この「POS方式」であれば、「第三者である証人」になるための競争がないため、むだな「マイニング」も電力消費も発生せず、環境を破壊しないというメリットもあります。

 

●ノアコインを入手する絶好のタイミングは、今!

最も安い価格でノアコインを手に入れ、公開後、初年度20%からはじまる利息を複利で獲得するには、第1期プレセールが始まったばかりの今が、最も有利です。

下の表にもあるように、支払われる利息の額は初年度20%から、次の年は17.20%、その次の年は14,79%、その次の年は12.72%とだんだん少なくなっていきます。

 

 

これは、ノアファンデーションが発行するノアコインの総量に関係します。

 

ノアコインの発行総量は2,160億枚と決まっていますが、そのうち1,728億枚(全体の5分の4)はPOS方式の「第三者である証人」へのお礼の新札の配当に使われることになっています。

 

この2,160億枚と配当の1,728億枚という枚数ですが、第一期プレセールから、第4期プレセール終了までの発行
総量が432億枚と決まっていますので、まだまだ発行予定の2割しか発行されないことになります。

 

プレセールがすべて終了した後、残った1,728億枚はすべて「新札ノアコイン発行」に回されます。

 

ですから、2018年6月の公開以降の全取引の配当を均等に分けていくには、少しずつ利率を下げていかなければならないのです。

 

つまり、ノアコインに参入し、運用でより大きな利益を得るには、
第一次プレセールが始まったばかりの「今!」が、もっとも有利なスタート時期なのです。

 

また、今回のプレセールでの募集金額が$1,000万未満の場合、プロジェクト目標額未到達としてノアコインに両替した金額は全額返済となりますので、ご安心いただけるかと思います。