ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

イーサリアム暴落と今後の可能性

①イーサリアムの暴落は短期的なものと考えるべき

DAOがらみのハッキングでTheDAOのアカウントから60億円相当のEtherが流出し、一時イーサリアムは24.17%もの下落となりましたが、ビットコインにおけるマウントゴックス事件のようにシステムのコアな部分に問題があって起こった事態ではないこともあって、短期的な暴落で事なきを得ました。

 

そもそもスマートコントラクト自体、バグが発生しないとは考えられないシステムですから、有識者のイーサリアムに対する評価は変わっていないと言っていいでしょう。よって、イーサリアム自体の今後に、この事件は大した影響は与えなかったとみるのが妥当だと思います。

②今後の可能性は?

暴落後、イーサリアムとマイクロソフトは提携が行われ、スポンサード契約が決定しました。

イーサリアムとマイクロソフトは提携

これは何より世界的企業であるマイクロソフトが、イーサリアムシステムの将来性を高く評価した証と言えるでしょう。マイクロソフトのクラウド基盤であるAzureにイーサリアムのブロックチェーンとその機能が使用できるインターフェイスの提供が決定しました。

 

通貨としての評価ではありませんが、本来、仮想通貨イーサーは、イーサリアムというシステムを構築する中野一部分に過ぎません。

 

よって、こういった提携や技術提供はビットコインのブロックチェーンを基盤としてスマートコントラクト技術を加えたイーサリアムシステムが、メジャーになるための有効作戦となり、近い将来、あらゆる事業分野で利用される可能性は高いと思われます。