ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

イーサリアム(Ethereum)とは

ビットコインに次ぐ勢いを持つのがイーサリアム(Ethereum)

仮想通貨と言えばビットコインがまず頭に思い浮かぶでしょうが、現在、そのビットコインに次ぐ勢いを持つのがイーサリアム(Ethereum)です。

 

2016年4月の時点で仮想通貨全体の時価総額は約8,640億円であり、イーサリアムはその内の約830億円を占めています。

 

ビットコインの約7,000億円という巨額な時価総額に比べれば足元にも及びませんが、イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を持ち、両者総額は仮想通貨全体の時価総額の90%にも上ります。

 

よって、イーサリアムと言えば仮想通貨の1つという認識の方は多くいることでしょう。

細かく言えばイーサリアムは仮想通貨名ではない

本来のイーサリアムは仮想通貨を表す言葉ではなく、イーサリアムプロジェクトが実現しようとする試みのために用意された技術であるアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称を指します。

 

最近はイーサリアムという言葉が有名になり、「イーサリアム=仮想通貨」と勘違いする方が多くなりましたが、イーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨の名称はイーサリアムではなく、イーサーと呼びます。

 

それでは、このイーサリアムとはどんな仮想通貨なのかその特徴を説明していきましょう。

 

①イーサリアムは次世代の仮想通貨

独自の決済システムを搭載した仮想通貨・ビットコインの登場で、仮想通貨は新時代の幕開けを迎えました。

 

現行の中央集権型システムから非中央集権型システムの稼働が実証されたからです。しかし、このビットコインのシステムが万全なものでないことは周知のとおりです。

よって、それを補うため、ビットコインの概念やシステムを継承しつつ、新たな技術で新しい価値を創造した新しい仮想通貨が生まれています。

よってビットコインをバージョン1.0、それ以降のものをバージョン2.0と称する場合もあります。このイーサリアムもバージョン2.0の1つで、ビットコインにはない新しい技術が加えられています。

 

②その技術はスマートコントラクト

ビットコインとの差別化ポイントであり、イーサリアムの一番の特徴なのがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは直訳すると「賢い契約」となりますが、イーサリアムの機能を表すために訳すならば、
「執行権のある契約」というのが一番しっくりとくるでしょう。

 

イーサリアムの一番の特徴であるスマートコントラクト

イーサリアムも基本はビットコインと同じ管理方法がとられており、非中央集権型システムで取引台帳をネットワークに参加したコンピューターに分散して保存し、ブロックチェーンを使用することで改ざん等の不正行為を防止して信頼性の高い取引を確保しています。
この流れは本当にビットコインとは何ら変わりはありません。

 

しかし、イーサリアムの場合、取引時に契約の情報を付与して管理することが可能です。これをスマートコントラクトと呼びます。
それではこのスマートコントラクトをよく理解してもらうため、1例を上げて説明しましょう。

AさんがB肉店を訪れた際、今日牛肉を1㎏購入してくれれば、次回購入時、全品50%値引きすると約束されたとしましょう。
しかし、何かのチケットを渡されたわけではないので、このままでは口約束をなってしまい、本当に半額にしてくれるかどうかの確証は持てませんよね。実際、B肉店に話をはぐらかされてしまうかもしれません。
しかし、これもイーサリアムのスマートコントラクト機能があれば、この約束を必ず守らせることができます。
イーサリアムなら、「今日牛肉を1㎏購入してくれれば、次回購入時、全品50%値引き」という条件を取引台帳に記載する売買取引記録に条件として付与することが可能です。
ブロックチェーンによって守られているため、この条件が改ざんされることがないのでB肉店は必ず50%引きしなければなりませんし、契約に盛り込んでおけば自動的に50%値引きすることもできます。

この取引時の契約条件を一緒に台帳管理できるのが、ビットコインとの大きな違いであり、イーサリアムの一番の特徴でもあるのです。

③イーサリアムの入手方法は?

イーサリアムの入手方法は下記の2つになります。

  • マイニング
  • 購入
1.マイニング

イーサリアムもビットコイン同様、マイニングの一極化が進んでいる状態ですから、個人のマイニングは期待できないのが実情です。イーサリアム最大と言われているマイニングプールのDwartPoolが一時期、ネットワークハッシュ全体の47.9%を占めるに至っています。このような相手がマイニングしているのではとても太刀打ちするのは難しいでしょう。

 

2.購入

イーサーを購入するには取引所への登録が必要になります。現在のところ日本円でイーサーを購入できる取引所はCoinCheckのみで、他の取引所はビットコイン経由の売買となります。

 

ビットコイン経由で売買できるのは、三菱UFJキャピタルやSBIホールディングス、リクルート等の大手企業が出資していることで有名なbitflerがおススメでしょう。チャート等が用意されているのでFXのような購入がしたいのであれば、その機能も充実しています。

イーサリアム(Ethereum)とは記事一覧

①イーサリアムの暴落は短期的なものと考えるべきDAOがらみのハッキングでTheDAOのアカウントから60億円相当のEtherが流出し、一時イーサリアムは24.17%もの下落となりましたが、ビットコインにおけるマウントゴックス事件のようにシステムのコアな部分に問題があって起こった事態ではないこともあって、短期的な暴落で事なきを得ました。そもそもスマートコントラクト自体、バグが発生しないとは考えられな...

イーサリアムはビットコインと同様にマイニングが可能です。マイニングはイーサーを手にするための手段の一つで、イーサー取引時に2重支払いや改ざんなどの違反取引を防止するために行われる認証作業です。この認証作業にはパソコンを利用した高度な演算が必要とされるため、この認証作業に参加して演算を一番早く完了したマイナーに対して、1認証作業につき5イーサーが支給されます。イーサリアムのマイナー一極化問題そして、...