ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

ビットコインとは

仮想通貨のビットコイン(bitcoin)

最近は世界中で注目されているノアコインが発売されることもあって、仮想通貨に対して興味を寄せる方が実に多くなってきましたが、その仮想通貨の元祖とも呼べるのがビットコインです。

 

ビットコインさえ理解できれば仮想通貨に対する見識は付いたも同然と言われるほど、ビットコインは仮想通貨を論じる上で重要な存在となっています。

ビットコインは仮想通貨ナカモトサトシ

ビットコインは2008年10月に「ナカモトサトシ」と名乗る人物がインターネットに登校した論文をもとにビットコインのシステムが提唱され、そのわずか3ヶ月後にビットコインを運用するソフトウェアが公開されました。

 

そしてすぐに取引が始まり、2010年2月には両替ができる最初の取引所が誕生し、同年5月にビットコインによる決済が初めて行われ、今に至っています。

ビットコインのメリット

  • 「取引の手数料が安い」
  • 「短時間で取引が完了する」

という2が挙げられます。

 

送金するにしても手数料が高く、時間がかかる海外送金にはまさに打って付けでしょう。特に銀行口座を持たない方の多い地域の方にとっては、それを必要としないビットコイン取引はメリットだらけの通貨ともいえます。

お金としての認識は?

ビットコイン(bitcoin)のお金としての認識は?

しかし、ビットコインの存在は投資家の間では知らないものがいないほどになっていますが、ビットコインの本来の開発意義である「お金としての流通」という点については、まだまだ満足できるものではなく、一番知ってもらいたい利用者の認識度は低いと言わざるを得ません。

 

事実、ビットコインの存在については耳にしたことはあるが、よくは知らないという方が殆どでしょうか?

 

そこで今回はビットコインとは一体どんなものなのかを分かりやすく説明していきましょう。

 

①ビットコインの特徴

ビットコイン=お金

ビットコインを語る上で、まず認識してほしいのは「ビットコイン=お金」という点です。
ビットコインは個人や企業を問わず、得たものへの対価として支払いに使用することができます。つまり、システム上に存在するため現実に手に掴んで実感することはできませんが、現在使っている通貨と同じ役割を果たすことができるお金なのです。

 

しかし、ビットコインは円やドルなどの通貨と比較して、決定的に違があります。

 

それは中央銀行が存在しないという点です。

 

通常、通貨は国が管理・発行するものですから、国が指定した通貨を管理する「中央銀行」が存在します。

 

ですがビットコインは国どころか企業さえ、何の関与もしていません。よって、中央銀行にあたる発行や流通を管理する組織は存在しません。「そんな通貨誰が使うんだ??」そう思われた方も多いことでしょう。

 

しかし、常識からすれば非常識極まりない概念こそが、ビットコインの最大の特徴であり、最大のメリットを生みだすポイントとなってくるのです。

 

②ビットコインは誰が管理するの?

中央銀行が存在しない、国や企業もノータッチとなればビットコインは誰が管理しているのでしょうか?もしかしたら、野放し状態なのでしょうか?普通に考えればそんな通貨なんて危なすぎて誰も使おうとしませんよね。

 

ビットコインの取引は取引台帳はネットワークに参加しているコンピューターに分散して保残

しかし、ビットコインはコンピューターネットワークを利用して管理ができるシステムが構築されています。

 

通常中央銀行で行われる通貨の発行や、流通の管理、取引情報の管理が記載された取引台帳はネットワークに参加しているコンピューターに分散して保残され、この参加者全員で管理を行っています。

 

ビットコインを利用する方すべての保有情報や取引情報が匿名ではありますが、すべて公開されていています。

 

誰でもその情報を見ることができるようにしたことで取引を可視化し、通貨の偽造や二重払いなどの不正な取引を防止しているのです。
それでは1つの取引を例に挙げて、その流れを説明しましょう。

AさんがBさんに500BTC送金するとしましょう。
①:Aさんは送金したい旨を申し出ます。
②:するとネットワークに参加している人たちが、その取引に問題はないかの確認を始めます。
③:本当にAさんは500BTC持っているのかなど、取引に不正な点がないかを調べるのです。
④:そこで問題がなければ初めてこの取引は成立してAさんはBさんに送金を完了でき、この取引詳細が取引台帳に追記されます。

取引はネットワークに参加している方の50%以上の承認が得られなければ完了できません。

 

よって、逆に特定の誰かの承認によって取引を完了することもできませんから、承認がらみで不正を行うこともできないというわけです。ビットコインはこのシステムが構築されているため、専門の管理部門を置かなくても安全な取引が行えるのです。

 

③ビットコインの発行はどうしているの?

取引を管理する部門が必要ないからと言っても、ビットコインの発行を管理する部門は必要だろう。
そう心配する方は多いでしょう。
通貨発行が適当ではすぐにインフレが起こって、ビットコインの価値自体なくなってしまいますものね。
しかし、この点も抜かりはありません。

ビットコインの総発行量は当初から2,100万BTCと決められており、毎年の発行量も決まられています。

そして2141年頃をもって新規発行は終了するので、ビットコインの通貨価値が大きくなることはあっても、インフレをお引き起こすような懸念はありません。

 

そうはいっても発行方法が分かっていないでは安心できませんよね。実はビットコインの新規発行は先保説明した取引時に行われます。取引の承認にはネットワーク参加者の承認が必要と説明しましたが、この承認への参加は強制ではありません。

 

自由意志での参加となります。となれば、何の得もないでは参加者が現れるはずありませんよね。

 

ビットコインの新規発行作業がマイニング

そこでこのシステムが賢いのが、参加者に見返りとしてビットコインを配布しているところです。参加して実際に認証を行った人に新規発行されるビットコインを獲得できます。このビットコインの新規発行作業がマイニングです。

 

つまり、この新規発行のビットコインを求めて参加者を募り、多くの参加者が取引を監視することによって安全な取引を円滑に進めているのです。

ビットコイン(bitcoin)とは?記事一覧

去年の2016年10月12日の日本経済新聞の記事によると、「政府は現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨の購入時に発生している消費税を2017年の春を目処になくす調整に入った」とのことです。この政府の対応はいわば現在、日本においてモノやサービスとして位置づけられている仮想通貨を「支払手段」という位置づけに変更するという意思の表れと言えるでしょう。消費税がなくなれば事業者の納税事務がなくなるだけで...

ビットコインは国家単位で発行、運営されている円やドルなどと同様に、経済活動で使用されることを想定して作られた仮想通貨です。よって、ビットコインは日常生活でお金として利用されることを目的に作られたのです。しかし、現在のビットコインの使用方法を見てみると本来の通過という面よりも、一投資材料として見られている傾向の方が強いと言わざるを得ません。おそらく、ビットコインを保持している方のほどんどが、投資もし...

「ビットコインってどうやって購入すればいいの?」ビットコインに興味を持ったばかりの方はキッと、初めにこの点が気になってくるところでしょう。そこで今回はビットコインの購入方法から、取引方法、そしてその取引所までを完全網羅して説明します。①ビットコインの購入方法ビットコインの購入方法は下記の2つです。直接購入間接購入1.直接購入直接購入するにはビットコインの取引所を利用します。海外ではビットコインの購...

ビットコインについては他の文章で詳しく説明しましたが、今回はその章ではあまり触れなかったビットコインのマイニングについて説明していきます。「マイニング」という言葉をご存知の方はかなり仮想通貨に精通した方でしょう。マイニングとは日本語で採掘という意味を指し、ここでの発掘はビットコインの新規発行を意味しています。ビットコインは各国で発行されている通貨のように何かの監視下に置かれているわけではありません...