ノアコインのご購入について
当社はノアコイン正規代理店の権利を返上いたしました。
ノアコインのご購入をご検討中の方は、
他の代理店様よりご購入いただきますよう、お願い致します。

また、当サイトより既にご購入頂いている方は、今までと変わらず、
「第一次代理店」の権利が継続いたしますので、ご安心ください。

ブロックチェーン(Blockchain)技術について

今やビットコインの登場以降、さまざまな仮想通貨が登場し、その存在は世界中で大きな知名度を上げることとなりました。よって、仮想通貨に興味を抱く方は年々増加しているのですが、これはあくまでも実際に通貨を利用する側の仮想通貨への興味心でしかありません。

 

しかし、ビットコインで注目しなければならないのは通貨ではなく、その運用を可能にしている技術にあるのです。
事実ビットコインの登場後、技術者の間で最も注目されているのはビットコインの核とも言えるブロックチェーン技術です。

 

そこで今回は仮想通貨を支えるブロックチェーン技術とはどんなものなのかをわかりやすく説明していきましょう。

①ブロックチェーン技術で何ができるの?

ブロックチェーン技術とはビットコインの創始者であるナカモトサトシが提唱したもので、当時としては本当に斬新かつ革新的なテクノロジーでした。
そこでまずはこのブロックチェーン技術がどうすごいのかを分かってもらうため、ブロックチェーン技術を利用したシステムで何ができるのかを説明しましょう。

 

ブロックチェーン技術を利用したシステムできるのは下記の3つです。

  • 非中央集権型の参加者全員で監視し合う分散型システムの構築
  • 取引が個人同士で行なえ、全ての仲介役が必要ない
  • 国家パワーでさえブロックチェーンを改ざんできない
1.みんなで監視し合う分散型システムの構築

ブロックチェーンは中央集権を必要とせず、信ぴょう性のある合意結果を導くことを可能にできます。

分散型システムとは…

従来のようなサーバーでの一元データ管理とは異なり、システムに参加している全世界のパソコンにデータを分散連結して保存しています。そして、その全データを公開して可視化し、参加者全員でデータを管理します。

参加者は取引等のサービスを利用するだけでなく、その取引に不正がないかを監視し、不正なく行われたと承認された取引だけを実行に移し、その取引を新たにデータ追記します。
つまり、ブロックチェーンを導入したシステムを利用する際、その参加者はサービス利用とサービス運用の両方を行うことになるのです。送金を依頼する側となることもあれば、依頼者の取引が公正であるかどうかを検証して承認する側になることもあるというわけです。

AさんがBさんの販売している10万円の商品を購入したいという取引を申し込んだとします。

 

Aさんはまるで10万円を持っているかのように振舞っていますが、実際Aさんの持っているのは3万円だけです。

 

しかし、いくら持っているように振舞っても、Aさんの所持金額はデータ公開されているので、この取引は申し込んだ時点で否決となり、取引不成立となります。

 

よって、ブロックチェーンを導入したシステムの場合、取引の是非を判断する中央集権的役割を必要としなくても、信ぴょう性の高い合意を得ることが可能になります。

またこのブロックチェーンの効果は、大掛かりな認証システムを導入する際の経費削減にも大きな効果を発揮します。銀行を例に挙げて説明すると、預金者すべてのデータをパソコンで管理するにはとても大規模な設備投資を行う必要が出てきます。

 

しかし、ブロックチェーン技術を利用すれば大掛かりで巨費を投入しなければならないサーバーは必要ありませんし、そのメンテナンス費用、人件費も発生しません。

 

つまり、従来よりもリーズナブルな価格でシステム構築が行えるのです。

2.すべての仲介役が必要ない

先程言ったうようにブロックチェーン技術を使ったシステムでは、中央集権が必要ありません。

 

よって、取引では欠かせない仲介役も必要ないわけです。

ここでもまた銀行を例に挙げて説明しますが、AさんがBさんに10万円送金したとします。
その際、銀行はAさんが本当に10万円を保持しているのかを確認して、Bさんへの送金業務を行います。
そこで発生するのが手数料です。

 

銀行は確実に送金を完了した見返りとして、振込手数料という名目で手数料を要求します。
しかし、チェーンブロックを使用したシステムは銀行に当たる中央集権はなく、当人同士の直接取引となります。その取引の正当性が認められればそれで完了です。

利用するシステムにもよりますが、申し込みから完了するまでの時間は長くて10分、早いものだと数秒というものもあります。しかも、基本的に手数料はかかりません。となれば、手数料が高く、送金までに時間がかかる海外送金のような取引では、このシステムは利用者にとって大きなメリットを生むことになるのです。

3.ブロックチェーンは無敵!

またブロックチェーンで管理されているデータは改ざんや破壊に強いという性質があります。

 

仮に災害が起こり、データが破壊されたとしてもデータは分散して世界中に連結されているパソコンに保存されています。よって、連結しているパソコンのデータが破壊されたとしても、ほかのパソコンのデータを利用して復旧することができます。

 

またデータの改ざんも理論上不可能です。

 

取引を成立させるには参加者による検証・承認が必要だと話しましたが、その取引が有効であると承認されるには検証に参加した50%以上の同意が必要となってきます。

 

ブロックチェーンのデータの改ざんも理論上不可能

データを改ざんするには、ネットワーク参加者の50%以上を超える演算能力が必要になってきます。
これを特定グループのみでやってのけるのは、今のところ不可能に近いのでデータの変更、改ざんはできないと言われています。

 

通常、大掛かりなシステムを維持するには、別途高いセキュリティが求められ、その費用も高額になってきます。しかし、ブロックチェーン技術を利用したシステムならば、別途費用を支払うことなく、最初から高いセキュリティが約束されているのです。

 

②ブロックチェーン技術を支える根幹はコレ!

ブロックチェーンのメリットは理解してもらえたと思いますが、これらメリット効果を発揮できるのもブロックチェーン技術があってのことです。
そこでこのブロックチェーン技術とはどんなものかを簡単に説明しましょう。

ブロックチェーン技術の根幹は分散型コンピュータネットワークにあります。
データを分散して保存し、そのデータを連結して管理しています。
つまり、データが分散した多くのパソコンにチェーンのように連鎖して書き込まれているのです。
この「チェーンのように連鎖して」というのは、単に多くのパソコンでデータ共有をしているだけではなく、データが改ざんされるようなことがあっても、その足跡が残るようになっています。

 

ブロックチェーンを用いたシステムで取引を行う場合、1つの完了した取引は1ブロックとして数えられ、前に行われた取引のブロックに連結されます。

 

ブロックをチェーンしてデータ管理することからブロックチェーンという名称が付いたわけです。

 

このブロックには誰が誰にいくらの金額を送ったかの取引情報がまとめられています。

 

そしてこのブロック内には一つ前のブロックのハッシュ値が入れられており、利用時には次の取引に使用するために新しいブロックを作り、そこへ今回取引のハッシュ値を入れなければなりません。

 

このハッシュ値がキモなのです。

 

仮にブロックのデータを改ざんするとしましょう。

 

すると、新しく作った次のブロックのハッシュ値が変わり、それ以降のすべてのハッシュ値が狂ってしまいます。よって、仮に50%以上の同意が得られてデータ改ざんが成功しても、どの時点でデータ改ざんされたのかが一目瞭然で特定できるのです。

これがブロックチェーン技術を利用したシステムを支える根幹なのです。

ブロックチェーン(Blockchain)技術について記事一覧

仮想通貨の概念は1995年にはアメリカの上院で言及されているほど昔からあるが、実際に世に出回ることはありませんでした。似たようなものとしては電子マネーやソーシャルゲーム時に利用するポイント等が挙げられますが、これらは現在の仮想通貨の概念とは大きく違います。よって、ビットコインが登場するまでは仮想通貨はこの世に存在しなかったのです。それでは何故、存在しなかったのか、そして今になって何故、登場したのか...